動物と共生するための基本!「5つの自由」

犬が幸せに生きるために必要なことはなんでしょう?

犬が楽しく暮らすために必要なことはなんでしょう?

大切に思うほど「お利口な犬に育てなくては!」「トレーニングをしっかりしなくては!」と考えてしまいがちですが、その前に、

犬と暮らすためにもっとも必要な、基本的なことをお伝えしたいと思います。

「5つの自由」について

ご存知ですか?「5つの自由」

1960年代から、動物の精神的な幸せについて考える、動物福祉を推奨する運動が始まっていました。その頃、イギリスの科学者たちで作られた、ブランベル委員会が「動物が持つべき権利」として、5つの権利をあげたことから、この「5つの自由」が生まれました。

元々は、牛や豚、鶏などを扱う畜産農場に対して、家畜動物の福祉を向上させるために考えられたものですが、その後、動物園や水族園などでも認知されるものとなり、現在では、家庭動物や実験動物など、人間の飼育下にある動物の福祉の基本として、国際的にも認知されるものとなっています。

*ここでは、犬という種に焦点を当てて、お伝えしていきたいと思います。

1)飢えと渇きからの自由

  • その子が健康に生きるために必要な、適切な食事を与えていますか?
  • いつでもきれいなお水が飲めるようになっていますか?

2)不快からの自由

  • その子にとって適切な環境で過ごすことができていますか?
  • その子にとって必要なスペースが確保できていますか?
  • その子にとって安心して休める場所はありますか?
  • その子の生活スペースが清潔に保たれていますか?

3)痛み・怪我・病気からの自由

  • 予防のために普段から適切な、食事・運動・休息を与えていますか?
  • 初期段階で気付けるように、普段から健康管理をしていますか?
  • 普段と違う行動が見られた時に、獣医師に相談、又は診断をしてもらっていますか?
  • 怪我や病気になった時、充分な医療を受けさせていますか?

4)自然な行動をする自由

  • その子の行動を見守り、できる限り自然に行動することができていますか?
  • その子が自由な行動をするために必要なスペースや環境が与えられていますか?
  • その子にとって必要なお散歩や運動を与えられていますか?
  • 自然な行動ができない場合、その行動を満足させるための別の方法を与えていますか?

5)恐怖や抑圧からの自由

  • 犬も痛みや恐怖など、苦痛を感じることを理解していますか?
  • 精神的苦痛、過度なストレスを感じている釣行に、気付いてあげていますか?
  • 感じた場合、原因を確認し、それらを無くすか軽減するための対応ができていますか?
  • 恐怖や苦痛の対象から、守ってあげていますか?

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!