動物と共生するための基本!「犬の十戒」

犬の十戒

私が初めて犬を迎い入れた時、愛犬を取り上げてくれた方から、愛犬と一緒に一冊の本を手渡されました。それが「犬の十戒」です。

その本の端っこには、幼かった頃の愛犬が噛んだ、小さな歯型が残っています。

正直、迎い入れてすぐに読んだ時はピンとこなかったところもありましたが、年月を重ねた今、その意味を一言一言感じながら、その小さな歯型を懐かしく、愛おしく眺めています。

初めて犬を迎える方だけではなく、すでに犬と暮らしている方にも、改めて読んでいただきたです。

第一戒

ぼくの寿命は10年から15年くらいです。

ちょっとの間でもあなたと離れることはとっても辛いことなのです。

ぼくを飼う前に、このことを思い出してください。

第二戒

あなたがぼくに何を望んでいるのか、ぼくが理解できるまで時間をください。

第三戒

ぼくを信頼してください。

あなたの信頼なしにぼくの幸せはありえません。

ぼくを信頼してください。

第四戒

長い時間怒ったり、お仕置きで閉じ込めたりしないでください。

あなたには仕事があるし、遊びの時間があるし、友達もいます。

でも、ぼくにはあなたしかいないのです。

第五戒

時々はぼくに話しかけてください。

あなたの言葉の意味はわからなくても、あなたの声は良くわかるのですから。

第六戒

あなたがぼくにどう接するか、覚えておいてください。

ぼくは、そのことを絶対に忘れません。

第七戒

ぼくを叩く前に、思い出してください。

ぼくはあなたの手の骨くらい簡単に噛み砕くことのできる歯を持っているけれど

ただ、噛まないだけだということを。

第八戒

言うことを聞かない、分らず屋だ、怠け者だ・・・

そう言ってぼくを叱る前にもう一度考えてみてください。

もしかしたらぼくは、きちんとした食事をもらってないのかもしれない、暑い中ずっと外にいたのかもしれない。

もしかしたらぼくは、心臓が弱ってきているのかもしれないと。

第九戒

ぼくが歳を取ったら、よく世話をしてください。

あなたも同じ、やがて歳を取るのですから。

第十戒

ぼくが天国へ逝くときは、そばにいてください。

「見ていられない」とか「わたしのいない間に・・・」なんて、絶対に思わないでください。

あなたがそばにいてくれるだけでぼくは安心できるのです。そして・・・

忘れないでください。

ぼくはいつでも、あなたを愛しています。

 

 

 

 

 

 

 

引用元:犬の十戒 JULIAN

Follow me!

前の記事