トイレトレーニング基本 3つのポイント

今日は、以外とお悩みに多くあがってくる「トイレ」についてお伝えしようと思います。

犬の習性としては、したいときにしたいところでする、というものかと思いますが、
人と一緒に暮らすようになって、決まったところで排泄をしてもらうことが、
私自身も含めて飼い主にとって助かることになる、
ということで、トイレトレーニングが必要になってきた、と感じています。

そして、犬はお願いをすると聞いてくれる動物ですので、犬にとってもハッピーな方法で、
トイレを教えていきたいと思います。

 

トイレトレーニングのポイントは3つ

①してほしいところでしてもらうこと

②見ていてあげること

③ご褒美をあげること この3つです。

①してほしいところでしてもらう

まずは、トイレの場所を決めます。

この後、見ていてあげることが必要になってきますので、飼い主さんの目の届くところにトイレを設置してください。

そして、トイレを覚えるまでは、サークルなど、
囲うことができるものの中に、トイレを設置することで成功率が上がります。

トイレを設置し、犬の排泄の様子を感じたらトイレに誘導します。

このとき、抱っこをして連れて行くと、抱っこをして連れていかないとしない、ということも起こります
ので、
食べ物などを使って、トイレに誘導してください。

 

②見ていてあげること

トイレトレーニングを成功させるためには、
してほしいところでしてくれたときに、どれだけ褒めることができたか?

この褒めることができた分だけ、トイレの成功率があがっていくことになりますので、朝などは特に
忙しいかと思いますが、少し早めに起きるなど、見ていてあげられる工夫をしてください。

排泄をしやすいタイミングは、

・起きたとき
・食事のあと
・遊んだあと、など

排泄をした時間などを記録していくことで、
より見ていてあげることもできると思うので、記録をすることもオススメしています。

 

③ご褒美をあげること

「トイレで排泄をしたら、いいことがある!」と、学習してもらう必要があります。

例えば「よくできたねー、いいこだねー」と言葉で褒めるだけで成功する時期もあるのですが、

成長と共に他に興味を引かれるものがが増えていくので、もしも成功率が下がってきた、ということがありましたら、

食べ物などのご褒美をあげる

種類を変えてみる

ということもオススメしています。

基本にプラスα

少し余裕が出てきたら、声がけをすると排泄をする、という方法もお伝えしています。

最終的には、してほしいタイミングで決まった声がけをすると、排泄をしてくれるようになるので、

お出かけ先や、寝る前など、教えておくと助かることもあると思います。

 

①排泄をしているときに声がけをする

排泄を促すときの、声がけを決めます。

「ワンツーワンツー」や「ちっち、ぷっぷ」と何でもいいのですが、統一した方が覚えやすいです。

最初は、排泄をしているときに、声がけをします。

 

②もよおしたときに声がけをする

愛犬がトイレに行って、排泄をしそうだな〜、と思ったときに、声がけをしていきます。

声がけを認識しているか、声がけしている人を見たり、お耳が動いたり、伝わってるかを感じてあげてください。

 

③排泄をしてほしいときに、試してみる

声がけが伝わってきたな〜、と思ったら、トイレに誘導して、声がけをしてみてください。

そのとき、排泄をしてくれたら、オヤツなどのご褒美をあげると、早く学習が進みます。

してくれなかったとしたら、また、してくれそうなタイミングで試してみたり、②に戻って、練習を続けてください。

 

声がけに関しては、できないといけないことではないので、気長にリラックスして、続けていただければと思いますので、良かったら、試してみてくださいね。

 

まとめ

トイレトレーニングは、なかなかうまくいかないと、
どうしてもイライラしてしまうものかと思いますが、
イライラしていると、愛犬に伝わり、悪循環になってしまいます。

子犬のころは特に、我慢をする機能が未熟なことから、排泄の間隔が短い!
それだけ、トイレを教えるチャンスがたくさんある!ということなので、

覚えるまでの間は、掃除がしやすい床にしておくなど、飼い主さんが、リラックスして教えてあげられる工夫をしても良いと思います。

叱ってしまうと、飼い主さんが見ていないところでトイレをしてしまったり、見ていてあげることや、

褒めてあげることができなくなってしまいます。

今回お伝えした、3つのポイントをおさえれば、必ず覚えてくれる日がくるので、

愛犬を信じて、自分を信じて、
頑張ってください!

 

最後まで、読んでただき、ありがとうございました!

Follow me!